iPhoneに呼吸数を記録するIBUKIをマクアケでクラウドファンディング開始

株式会社リキッド・デザイン・システムズは、本日5月16日から、睡眠中の呼吸数をiPhoneの記録するIoT呼吸見守りセンサーIBUKI(いぶき)を、MAKUAKE(https://www.makuake.com/)からクラウド・ファンディングを開始しました。

iPhoneに呼吸数を記録するIBUKI(いぶき)

睡眠,呼吸,生体センサー

IBUKIはエアパットをマット下に敷くだけの簡単な操作性を実現した呼吸見守りセンサーです。
睡眠中は身体に非接触でバイタル情報(呼吸数)をiPhoneのヘルスケア・アプリに記録します。
本体はとても小型で、無線接続が誰でも簡単にできる仕様を目指しました。

呼吸数が異常に低いもしくは高い場合には、本体がアラートを発すると同時に、5~6メートル以内ならiPhoneに通知できます。
施設などの事業者向けには4人同時に、呼吸数、体動、離床をモニターできるiPad専用アプリを用意しています。
今後はクラウドを利用して、遠隔地でもメールで通知できるようにする予定です。

睡眠,呼吸,生体センサー

 

また、同時に呼吸見守りセンサーIBUKI専用マット、乳児の睡眠中の呼吸に優しいブリーズマットをマクアケ(クラウド・ファンディング)に掲載しました。

ライフリング社との共同開発で、今治の制菌タオル地を使った、贅沢なマットレスです。
呼吸見守りセンサーIBIKIを組み込むと、睡眠時に呼吸数のモニターをするだけでなく、うつぶせ寝になってもブリーズマットの特徴である3次元スプリング構造体による優れた通気性のため、息がしやすく、夏は涼しく汗が出来にくい快適性を特徴としています。

睡眠,呼吸,生体センサー

また、エアパットとセンサー本体を一体型化した医療・介護用向け製品をスタビリティ株式会社(http://www.stability.jp/company.html)が年内に発売を予定しております。

呼吸見守りセンサーIBUKIの開発経過は、IBUKI開発プロジェクトで公開していく予定です。