IoT化された介護支援機器「トロイメライ」の量産ライセンス販売開始

 

平成25年度補正ものづくり助成事業で試作機を完成させた技術を元に、量産設計されたクラウド介護機器「トロイメライ」の量産ライセンス販売を開始しました。

 

現在、中国向けと国内向けそれぞれの事業会社に対して、年内にライセンス生産開始予定です。

 

用途としては、中国向けには日本より1桁多い高齢者施設/住宅向けの遠隔介護モニター機器が主流です。一方、国内向けは介護のみならず、クッション内に組み込んだ持ち運び可能なVitalセンサーやいびきを検知する安眠センサーなどの応用使用の引き合いも来ております。

 

トロイメライロゴ2